HOME > カラダの中からアンチエイジング >シジミの知られざるアンチエイジング効果

シジミの知られざるアンチエイジング効果

昔から、シジミは肝臓に良いとされてきました。
シジミには、肝臓の働きを助ける栄養素が、
多く含まれているからなのですが、
中でも、アラニンは、肝臓のアルコール分解を助ける、
重要な酵素であることがわかっています。
また、私たちの体に必要なカルシウムや、
鉄、ナトリウム、カリウム、マンガン、亜鉛など、
あらゆるミネラルが、豊富に含まれている、
健康食品としても知られています。
そして、ビタミンB群が豊富で、
特に、ビタミンB12の含有量がレバー並みにあり、
ビタミンB12は、赤血球中のヘモグロビンの生成にも関わり、
貧血を予防する効果があります。
低脂肪で消化や吸収にも、極めてすぐれています。
必須アミノ酸バランスでは、卵に匹敵するほどです。

これらの栄養素の他に、冷凍することで、
通常の4倍から、最大でも8倍の栄養となる成分があります。

それは、オルニチンです。

オルニチンには、疲労回復やダイエット、
さらには、アンチエイジングにまで効果があります。
冷凍することで、シジミの細胞が壊れ、
うまみ成分の中心とされる、コハク酸やグルタミン酸、
グリシンなどが増えて出やすくなり、コクが出ます。
ふつう、新鮮なものを冷凍するなんて、
考えもしませんが、冷凍することで、
栄養分もうまみも俄然、増えるなんて、不思議ですよね。

うちでは春先になると、いつも近くの川に、
潮干狩りでシジミを採りに行ってます。
バケツ一杯に採れるシジミを、小分けに冷凍保存して、
毎朝のお味噌汁にしていただいています。
おかげで、主人も私も、実年齢よりは、いつも若く見られます♪
冷凍での保存期間は、半年ですから、くれぐれも気を付けてください。

▲ページトップに戻る