HOME > 簡単なアンチエイジング >脳の中も老ける?脳だってアンチエイジング!

脳の中も老ける?脳だってアンチエイジング!

皆さんは、ふとした時に“記憶力が悪い”とか、
“覚えが悪い”などと、感じることはありませんか?
気になるあまり、脳の若返りを意識されて、
クロスワードやナンプレなどの、頭の体操をされる方も
多いのではないでしょうか?
生まれた時には、140億個もあった脳細胞は、
人間が70歳までになると、
約半分の細胞に減ってしまうそうなんです。
この進行を、止めることは難しいですが、
生き残った脳細胞たちの機能を高めて、
細胞を若返らせることは可能なんです!

良い方法のひとつとしては、自分が関心をもてる“何か”を探して、
夢中になってみること!
子供の時は、いつも何かに夢中になっていましたよね。
これが、脳を老けさせないための重要なポイントなのです。
また、脳を老けさせないことが出来る食べ物もあるんですよ。
マグロ、秋刀魚、イワシ、ウナギ、サバなどに含まれる、
DHA(ドコサヘキサエン酸)。
脳の神経組織の発育だったり、
機能を維持するために必要な栄養素です。
そして、おから、味噌、大豆、納豆、卵黄、
レバー、サツマイモ、チョコレートなどに
含まれる、コリン。
脳に入ると、神経伝達物質に変化して、
記憶や判断力の手助けをしてくれるそうです。

また、プルーン、たらこ、鶏肉、レバー、
ピーナッツなどに含まれる、ナイアシン。
コレステロールを下げて、脳神経の働きを良くしてくれる作用があります。
カキ、牛乳、ヨーグルト、アサリ、シジミ、いくら、
チーズなどに含まれる、ビタミンB12。
長く続いてほしい集中力や、忘れがちな記憶力を、
向上してくれる効果があります。
もちろん摂りすぎはよくありません。
ですが、少しでも意識するだけで、
脳細胞の老化進行を遅らせることができます。
もっと“脳の活性化”を詳しく知りたい方は、こちらもチェックして、
Let's アンチエイジング

▲ページトップに戻る