HOME > 簡単なアンチエイジング >むくみってやっぱりよくない?

むくみってやっぱりよくない?

“むくみ”って、気になりますよね。
夕方になると、足が疲れて靴がパンパン、
呑んだ次の日は、やけに目が腫れぼったい・・・など、
男女問わず、多くの方がお悩みのむくみ。
むくみが慢性化すると、
むくみが体内の毒性老廃物と結びつき、
セルライトになる恐れもあるんですって!
単なるむくみと思わずに、
早く治療することが重要ですよ!

むくみは、体内の水とナトリウムが、
過剰になった状態が影響することで、
だるさや痛みが生じてくるのです。
単なる疲れから来るものだ、と思っていませんか?
人は体重の約60%が水分で、
主に血液中や細胞内に含まれていますが、
毛細血管から外ににじみだして、
栄養分などを運び、また血管に戻っていきます。

“むくみ”は何らかの原因でにじみ出る水分が、
毛細血管外に過剰に溜まってしまう状態なのです。
心臓に戻る静脈や、水分や老廃物などを運ぶ
リンパ管の流れが悪くなると、
このむくみが引き起こされるのです。
また、心臓・肝臓・腎臓の病気が原因の場合もありますので、
むくみが長く続いて、治らないときは一刻も早く、
医師の診断を受けることをおすすめします。
また、ガードルや体を締め付ける下着などが、
原因の場合もあります。
必要以上に、ムリな下着を着けるのは控えましょう。
月経前や妊娠中、塩分、お酒の飲みすぎ、
水分をほとんど取らない、
睡眠不足なども、一過性のむくみの原因になりますので、
普段から気をつけるようにしましょうね。

▲ページトップに戻る