HOME > カラダの中からアンチエイジング >体の中からキレイにしてアンチエイジング

体の中からキレイにしてアンチエイジング

知っていましたか?
私たちは普段、何げなく生活しているなかで、空気・水・食物などから、知らないうちに、
体内に化学物質や、有害金属を蓄積しています。
有害金属とは、水銀やヒ素、鉛、カドミウム、スズなどのことを言います。
体内に入ると、体にとって必要不可欠なミネラルの働きを邪魔し、
慢性疲労や肝臓・腎臓障害、頭痛、不眠、イライラ、しびれなどを引き起こします。
農作物は、汚染された土壌で育ったものを、食べることによって、
また魚類では、水銀やカドミウムを、高濃度に蓄積していると言われる、
クロマグロや金目鯛などを食べることによって、徐々に、体内に蓄積されていくのです。
さらに、活性酸素やストレスなど、体内でも、常に体にとっての毒は作り出されています。
ありがたいことに、その不要なものを、体から出してくれる食材がたくさんあるんです。
今晩からでも、上手に取り入れて、体の中も、アンチエイジングしていきましょう!

れんこん、ごぼう、セロリ、人参などは食物繊維が多く含まれることで有名な根菜類です。
たけのこは、デトックスや免疫力を上げるために必要な食物繊維が豊富です。
えのきだけには、動物性食材に含まれるリスクを、
低減させるデトックス効果があり、豆苗は鉄分・カリウムなどの、
ミネラルを多く含んでいます。
そして、老廃物を吸着し排出するこんにゃく、紫外線対策効果の高いトマト、
キャベツに含まれるビタミンUには、胃や十二指腸潰瘍の予防に大変効果があり、
胃酸の分泌を抑え、肝臓中の有害な脂肪を、減少させる効果もあります。

疲労回復に効果のあるタウリンは、あさりやイカなどの魚介類に含まれています。
あさりは肝機能を高め、代謝を良くしてくれますし、
イカは、身体の中の毒素を解毒する、肝臓の働きを助けてくれます。
チーズ、ヨーグルト、カシューナッツ、アーモンド、くるみ、
豆、牡蠣、牛肉、豚肉などに含まれるタンパク質には、
亜鉛、ビオチン、セレニウムなど、肌の健康に欠かせない栄養素が含まれています。
亜鉛は、にきびの改善に役立ち、ビオチンが不足すると、
肌荒れなどの原因になると言われています。
ビオチンは、水溶性のビタミンBの1つで、
不足すると必要な補酵素が上手く働かなくなり、
肌荒れや肌のかゆみなどの原因になります。
セレニウムには、紫外線のダメージから肌を守る抗酸化作用があり、
肌の弾力を保ち、加齢を遅らせる働きがあると言われています。
健康に関する食材も、詳しく載せています。http://kenkou-seikatu.kym15721.com
ぜひ、ご参考ください。

▲ページトップに戻る