HOME > 見た目からアンチエイジング >肌の色味でアンチエイジング

肌の色味でアンチエイジング

色にも“若く見える色”と、“老けて見える色”があることをご存知ですか?
この場合、正確に言うと“肌を明るく見せる色”と、
“肌をくすませる色”なんです。
口紅やアイシャドウなどを、流行り任せに選んでいいのは、肌悩みのない、
10代のみ(なんとも寂しい限りですが・・・)。
好きな色、と、似合う色、でも、感じが違ってきます。
間違いのない色選びで、あなたの肌年齢をグッと引き下げて、
アンチエイジングしちゃいましょう!

では、実際に、どんな色をえらベば良いのでしょう?
まずは、口紅
一般的に顔色をくすませると言われているのは、
いわゆる“青みの強い色”です。
これらの色は、トラブルのない肌には美しく映えるのですが、
シミやくすみといった、肌のトラブルが出始める、
我々世代にはおすすめ出来ません
他にも、白の割合が高い明るすぎる色や、
逆に一昔前にモード系として流行した暗すぎる色も、
老化の気になる顔からは浮いて見えるため、避けたほうが無難です。
色だけでなく、使った感じが唇にピッタリ密着する、
保湿効果も高いものを選びましょう。

そして、アイシャドゥ
季節に合わせて、パステル系の淡い色を使うと、
可愛い雰囲気になるのですが、私たち世代になると、高リスクです。
アンチエイジングメイクをお望みなら、無難な、ブラウン系にまとめましょう。
はっきりした濃淡をつけないように、自然にグラデーションをつける工夫をしましょう。
アイラインは、リキッドタイプのものより、ペンシルタイプのものを選びましょう。
色も黒より、濃い茶色にすると、顔の印象がやわらかくなります。

老けて見える肌の2大ポイントは、
ファンデーションの“厚塗り”と“粉っぽさ”です。
厚塗りを防ぐには、ファンデーションを手にとる前に、
下地やコンシーラーなどで、気になるシミやシワなどを、
“しっかりカバーする”ことなんです!
部分的に重ね塗りをすることで、全体的なファンデーションの厚塗りを防ぎます
粉っぽさは、手軽なパウダリーファンデーションに頼らず、
リキッドやクリームタイプのファンデーションを使いましょう。
これらのファンデーションは、保湿力が高いものが多く、
乾燥しがちな世代の肌を、しっとりと潤わせる効果も期待大なのです!
しっとりとつややかな肌は、小じわなどの肌トラブルを、
その輝きでカバーしてくれるのです。
クリームファンデーションで肌を作ったら、仕上げにはやはりパウダーが必要!
ただし、このパウダーも注意して選ばなければ、せっかくのツヤ肌も台無し。
しっとりとしたツヤ感を演出してくれるパウダーを選びましょう!
もちろん、自分の肌に合ったものをですよ♪

▲ページトップに戻る