HOME > カラダの中からアンチエイジング >腸もキレイに!腸内年齢だってアンチエイジング

腸もキレイに!腸内年齢だってアンチエイジング

“腸が老ける”って、聞かれたことありますか?
普段の生活の中では、あまり、気にされたことはないと思いますが、
腸の年齢は、“腸内環境(おなかの中の状態)”に左右されます。
“腸内環境”が悪くなれば、腸の老化はどんどん進行し、
栄養素は吸収されずに、基礎代謝も低下、
太りやすくなったり、肌の老化が目立つようにもなりかねません。

人は、生まれるとすぐに、細菌が腸の中に棲み始めます。
最初は、大腸菌やブドウ球菌、そのあと、ビフィズス菌が増え、
大腸菌などをやっつけます。

これは、赤ちゃんが母乳を飲んでいるから。

乳児の間は、腸内のビフィズス菌が、
90%を占めますが、成人になるにつれ、
20%にまで減少し、善玉菌と悪玉菌の比率が安定します。
そのあと、歳を追うごとに、
善玉菌が減りだし、悪玉菌が増えるのです。
腸をきれいに保つ善玉菌が、
その働きをジャマする悪玉菌よりも
たくさんいれば、腸内環境が整った“若い腸”と言われています。
昨今は、“実年齢より腸が老けている”という人が、
増えているのだとか。

あなたの腸、大丈夫ですか?

悪玉菌のせいで、アルカリ性になった腸内環境を、
善玉菌を増やして、健康な状態、酸性に戻すことが大切です。
乳酸菌には、ビタミン(B1・B2・B6・葉酸など)を合成する働きがあり、
健康なお肌作りをサポートします。
善玉菌が多く含まれるヨーグルトなどの乳製品、
ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖などを、
こまめに摂るのがポイントです。
見た目の若さも大切ですが、本当の若さは“腸年齢”による、ともいわれています。
いつも元気で若々しく、健康でいられるように、
いますぐ“腸年齢”の若返り、アンチエイジングにチャレンジしましょう!
そして、腸だけでなく、もっと健康になりたい方は、
こちらもチェック!http://kenkou-seikatu.kym15721.com

▲ページトップに戻る